格安で借りられるレンタカーの特徴

貸し自動車、いわゆるレンタカーは、旅行先や観光地での足として非常に有用な代物で、近年では安さを売りにしたレンタカーも多くあります。時代を重ねるごとにレンタカーの種類もどんどん増え、真新しい形態のレンタカー会社が普及し始めてもいます。一般的にはレンタカー業者(自動車メーカーなどが設立したメーカー系が多数)が車を貸し出し、また自動車ディーラーが母体になることも多かったので、自動車保険契約の贔屓先であることも多いことから、短いスパンで広域に設置されているものがほとんどです。系列ディーラーの関わりで新車をレンタカーとして扱うところもあります。しかしそうなってくると、格安でレンタカーを借りて、あくまで移動手段として手軽に気楽に使うには向きません。メーカー系の業者から借りるのも手ではありますが、ここでおすすめするのは2000年代から普及し始めた「格安レンタカー」を取り扱うところです。

コスト削減した中古車を扱う格安レンタカー

レンタカー会社は、メーカー系・独立系に大きく分けられる他、格安レンタカーを扱う会社も普及しています。多くは自動車メーカー、あるいはそれに付随する自動車ディーラーが出資して設立した形態をメーカー系と呼びます。また、沖縄や北海道など内地からの移動手段に乏しい観光地には地場のレンタカー会社が存在しますが、それらを独立系と呼びます。格安レンタカーは、前述した業者が提供するレンタカー料金よりも格段に安く車を借りられる新業態です。ガソリンスタンドや自動車の整備工場など、既に事業を展開している会社がサイドビジネスとしてレンタカーの提供を取り扱い、提供されるレンタカーは主に中古車になります。更に、ガソリンスタンドなどの支店を兼用して営業店とすることで、車両導入と店舗運営にかかるコストを削減し、格安での提供を実現している業者なのです。通常のレンタル料金と比較すると、おおよそ半額程度の差があります。

いわゆる繁盛期は避け、観光なら旅行会社もチェック

これはレンタカー会社に限った話ではありませんが、大型連休や土日祝日に利用する場合、他シーズンと比べてぐっと値段が高くなることも珍しくありません。通常料金で借りられないことがあるばかりか、予約するにも高料金になるなどままならないことが多いでしょう。レンタカーを借りる予定があるなら、世で言う繁盛期をできるだけ避け、人の集まりやすい連休を回避するように調整することが大事です。他には、旅行会社や交通機関についている格安パックをチェックするのもおすすめです。旅行サイトによってはレンタカーの料金比較をしているところもあるので、あわせて便利に利用することもできます。特に観光地などでは大手会社やメーカーにこだわらず、あえてその地元の小規模な会社で探してみるなど、シチュエーションにあった工夫を臨機応変に実施しましょう。

カースタレンタカーの会員制度は、ご利用回数に応じて会員ランクもアップいたします。 コンパクトクラス12時間まで3,000円、24時間まで4,000円 カースタレンタカーのホームページなら会員登録しなくても予約することが可能です。 クーポンは、会員ランクアップ時に1回発行いたします。 ガソリンスタンド併設店舗ではお戻り時に店舗で給油を行うことも可能です。 レンタカーは格安のを借りるのがお得